渋谷駅徒歩5分のレンタルジム/レンタルサロン

ダンベルショルダープレス

鍛えられる部位

・三角筋前部、中部(肩)

・僧帽筋(背中)

・上腕三頭筋(腕)

メインは三角筋ですが、ダンベルショルダープレスは肩の前部方向の負荷が強いです。

後部への負荷はあまりないので、別のメニューのモノと組合せましょう!

 

やり方

 

ショルダープレス

1.ダンベルを持って座ります

2.胸を張り、背筋を伸ばします

3.ダンベルを肩の辺りまで上げ、肘は90度程に構えます

4.ゆっくりとダンベルを真上にあげます

5.元の位置まで戻します

(3に戻り、繰り返し)

 

【ダンベルショルダープレス】

ポイント

 

・ダンベルは常に肘の真上にあること

・肘は伸ばしきらない

・反動を使わずゆっくり行う

・上げる時よりも下ろす時の方を遅くする

・背筋を伸ばしキープしておく

上記のポイントを押さえながら、目的別に3~7回×3(筋力向上)、8~12回×3セット(筋肥大)、13~20回×3セット(筋持久力向上)出来る重量を設定しましょう。
インターバルは1分~3分が効果的と言われています。